So-net無料ブログ作成
検索選択
その他地域の山 ブログトップ

角田山 [その他地域の山]

4月4日(日)、新潟・角田山へ行って来ました。多くの登山客が訪れる人気の花の山です。
快晴に恵まれ、登山道のぬかるみも少なく、写真も撮りやすかったです。
初めて訪れた山で、春の陽を浴びた沢山の雪割草を見ることができ、ラッキーでした。
尾瀬仲間さんの案内で、桜尾根コース~山頂~灯台コースを歩き、楽しい一日でした。
灯台コースの下りは、眼下に海が広がり眺望が良い、ごつごつした岩場の道です。
足が攣りそうになりましたが、ヘリの救助活動中の通行止めで休んでいるうちに、回復出来ました。

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

カタクリ
カタクリ

ユキワリソウ
ユキワリソウ

ユキワリソウ
ユキワリソウ

ユキワリソウ
ユキワリソウ

ユキワリソウ
ユキワリソウ

ユキワリソウ
ユキワリソウ

ユキワリソウ
ユキワリソウ

ユキワリソウ
ユキワリソウ

ユキワリソウ
ユキワリソウ


nice!(9)  コメント(6) 

秋の平標山(2) [その他地域の山]

今回の登山途中で見かけた、花や木の実です。
山頂付近のお花畑には、夏に咲く高山植物の紅葉が、沢山見られました。
今度は、花の咲く時期に訪れたいです。

ホツツジ(ツツジ科)
ホツツジ(ツツジ科)

ノコンギク(キク科)
ノコンギク(キク科)

オオカメノキ(ムシカリ)(スイカズラ科)
オオカメノキ(ムシカリ)(スイカズラ科)

オヤマボクチ(キク科)
オヤマボクチ(キク科)

ナナカマド(バラ科)
ナナカマド(バラ科)

不明
不明

イワショウブ(ユリ科)
イワショウブ(ユリ科)

タテヤマウツボグサ(シソ科)
タテヤマウツボグサ(シソ科)

ホソバコゴメグサ(ゴマノハグサ科)
ホソバコゴメグサ(ゴマノハグサ科)


nice!(3)  コメント(0) 

秋の平標山(1) [その他地域の山]

SW2日目の9月20日(日)、花の時期に登りたかった上越国境の平標山(1983.7m)へ、行って来ました。
越後湯沢まで新幹線を利用し、家を出てから2時間半で登山口に着きました。
松手山コースの森林限界を抜けた尾根道に出ると、ツツジ、カエデ等の紅葉が始まっているのが見え、笹の緑とのコントラストが綺麗でした。
谷川岳、至仏山、燧ケ岳の展望を期待して登ったのですが、雲が次々と流れ込んできて、残念ながら見られませんでした。風が抜ける尾根道は、大変寒かったです。
山頂から平標山ノ家の間にある湿原のキンコウカは、ちょうど草紅葉の見頃を迎えていました。
今年は秋の訪れが速いのか、予想外の樹木の色付きに驚きました。

山頂手前のピーク
山頂手前のピーク

松手山方面を振り返る
松手山方面を振り返る

山頂直下の紅葉
山頂直下の紅葉
山頂直下の紅葉

平標山ノ家への下山路
平標山ノ家への下山路

湿原の草紅葉
湿原の草紅葉マウスカーソルを合わせると2枚目が、クリックすると3枚目が見られます。

左は仙ノ倉山の裾野
左は仙ノ倉山の裾野


nice!(4)  コメント(2) 

車山高原、八島湿原 [その他地域の山]

8月24日(月)、霧が峰の一角に在る車山高原、八島湿原へ初めて行ってきました。
今回のお目当ては、薄紫色のマツムシソウです。
車山肩のバス停からの登山道の両脇には、マツムシソウ、ヨツバヒヨドリ、ハクサンフウロ等が咲いていました。
車山山頂からは、眼下に白樺湖が見え、その向こうには八ヶ岳連峰が広がっていました。
南八ヶ岳の頂上だけが、雲に隠れていたのがちょっと残念でした。
八島湿原までは、周りを遮る物の無い草原の中の道が続きます。
避暑中のトンボ、蝶々が道案内をするかのように、沢山飛んでいました。
途中の蝶々深山は展望が良い山頂ですが、南の方角には雲があり、富士山は見えませんでした。
八島湿原は木道が一周していて、晩夏の花を楽しむことが出来ました。
秋の風に揺れている、青空に映えたシシウドが印象に残りました。

八ヶ岳連峰
八ヶ岳連峰

マツムシソウ(マツムシソウ科)の蜜を吸う孔雀蝶
マツムシソウ(マツムシソウ科)の蜜を吸う孔雀蝶

アカバナシモツケソウ(バラ科)
アカバナシモツケソウ(バラ科)

ヒメトラノオ(ゴマノハグサ科) ハクサンフウロ(フウロソウ科)
ヒメトラノオ(ゴマノハグサ科) ハクサンフウロ(フウロソウ科)

サラシナショウマ(キンポウゲ科)
サラシナショウマ(キンポウゲ科)

ヨツバヒヨドリ(キク科)とアサギマダラ
ヨツバヒヨドリ(キク科)とアサギマダラ
ヨツバヒヨドリ(キク科)とアサギマダラ

シシウド
シシウド


nice!(6)  コメント(2) 

小田代原・8月 [その他地域の山]

8月23日(日)、久しぶりに奥日光に足を伸ばしました。
吹いてくる風に、秋の気配を感じながら、竜頭の滝上から、小田代原、湯の湖と歩きました。
ピンク色に染まった小田代原を見たかったのですが、ホザキシモツケは終わりを迎えていました。
代わりにアキノキリンソウ、リンドウ、ワレモコウ、ツルニンジン、キツリフネ等が咲き、トンボも数多く飛んでいました。
好天に恵まれ、気持ちの良い森林浴が出来ました。

リンドウ ワレモコウ
リンドウ ワレモコウ
.
ホザキシモツケ ホザキシモツケ
ホザキシモツケ
.
アキノキリンソウ ナナカマド
アキノキリンソウ ナナカマド
.
キツリフネ ツルニンジン
キツリフネ ツルニンジン
.
アキアカネ アキアカネ
アキアカネ

nice!(6)  コメント(2) 

羽黒山登山 [その他地域の山]

泊った宿は、羽黒山の中腹にあり、月山を見ることが出来ます。

朝の月山(撮影:7月6日4時20分)<
朝の月山(撮影:7月6日4時20分)

月山登山の翌日(7月6日)、羽黒山に登りました。
羽黒山は、麓の随神門から頂上まで、2446段の石段を登ります。
歩行時間は約1時間ですが、傾斜のきつい箇所もあり、休み休み登りました。
石段の奥行きが少ないので、下りる時は、足元に神経を集中して、周りを見る余裕が無さそうです。
参道の両脇は、樹齢300~500年の杉の並木が続いています。
平日のせいか、我々の前後には登っている人は、余り見かけませんでしたが、
山頂に着くと、バスツアーで来た大勢の参拝者で、賑わっていました。

頂上まで続く険しい石段 頂上まで続く険しい石段 頂上まで続く険しい石段
頂上まで続く険しい石段
.
木立の間から見る五重塔 五重塔全景
木立の間から見る五重塔 五重塔全景
.
登りきった所にある、左は羽黒山三神合祭殿、右は鐘楼
登りきった所にある、左は羽黒山三神合祭殿、右は鐘楼

nice!(5)  コメント(0) 

初めて月山へ [その他地域の山]

7月5日、梅雨の中休みを狙っての山歩きです。
月山八合目からの羽黒口・登山道は整備されていて、登りやすいコースでした。
信仰の山・出羽三山の一つだけあって、白装束の信者さんが沢山登っていました。
お天気は曇りで、一面霧に包まれた時もあり、残念ながら眺望には恵まれませんでしたが、
花の百名山だけあって、お花畑には初夏の花が咲き誇っていました。

弥陀ヶ原のニッコウキスゲ
弥陀ヶ原のニッコウキスゲ

ウズラバハクサンチドリ
ウズラバハクサンチドリ

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)<
ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)

雪田を歩く登山者
雪田を歩く登山者

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)<
ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)

クロユリとミヤマハタザオ
クロユリとミヤマハタザオ

ミヤマシオガマ
ミヤマシオガマ

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ

アオノツガザクラ
アオノツガザクラ

キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ


nice!(3)  コメント(2) 

高鈴山・イワウチワ [その他地域の山]

奥多摩で感動したイワウチワに、また会いたくなり、スミレツアーの翌日、
早朝の常磐線に乗って、茨城の高鈴山へ行ってきました。

奥の院のイワウチワは、岩の上に固まって咲いていて、撮りやすかったです。
ピンクや白のイワウチワがあり、見応え十分でした。

高鈴山、助川山へはアセビの林が続き、道の両側には、タチツボスミレ、エイザンスミレ、
ニオイタチツボスミレ、ミドリミツモリスミレ、ショウジョウバカマ等、春の野草が咲いていて、
楽しいハイキングになりました。


日立駅(8:40)→御岩神社(9:10)→奥の院(10:00)→高鈴山(11:30)→金山の百体観音(13:15)→
助川山(14:00)→海防城址公園(15:00)→日立駅(16:00)


シャクナゲ(御岩神社境内)
シャクナゲ(御岩神社境内)

イワウチワ(奥の院)
イワウチワ(奥の院)

ミドリミツモリスミレ
ミドリミツモリスミレ

タチツボスミレ
タチツボスミレ

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

ニオイタチツボスミレ
ニオイタチツボスミレ

アルバムヘ≫ NIS.png


nice!(2)  コメント(1) 
その他地域の山 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。