So-net無料ブログ作成

08-31 上総大久保駅 [ニコンカレッジ]

8月31日、ニコンカレッジの撮影実習で、小湊鉄道・上総大久保駅へ行って来ました。
テーマは、『想いが伝わる写真を撮ろう』です。

天気予報が良い方に外れ、青空が広がる“非情”に良い天気の中での撮影となりました。
日影の全くない田圃の畦道に三脚を立て、暑さに耐える3時間でした。

上総大久保駅
↑↑ 上総大久保駅 ↑↑

トトロがお出迎え
↑↑ トトロがお出迎え ↑↑

颯爽と
↑↑ 颯爽と ↑↑

もう秋です
↑↑ もう秋です ↑↑

のんびりと
↑↑ のんびりと ↑↑

収穫の秋
↑↑ 収穫の秋 ↑↑

この列車で帰りました
↑↑ この列車で帰りました ↑↑

Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

nice!(18)  コメント(3) 

08-21 昭和記念公園 [ニコンカレッジ]

8月21日、ニコンカレッジの撮影実習で、昭和記念公園へ行って来ました。
テーマは、『夏空を彩る花風景』です。撮影を始める頃から、青空が見える天気になりました。
前日の浅間山麓と違い、木陰でも30℃を越え、湿度が高く、汗を拭きながらの撮影となりました。

鷺草

鷺草

鷺草

鷺草
↑↑ 鷺草 ↑↑


向日葵

向日葵

向日葵
↑↑ 向日葵 ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6D

nice!(13)  コメント(2) 

08-20 浅間山麓・滝巡り [ニコンカレッジ]

8月20日、ニコンカレッジの撮影実習で、浅間山麓の滝を巡って来ました。
テーマは、『夏の光と影の活かし方』でしたが、生憎の曇り空でテーマに適った写真は、撮れませんでした。
夏休みの平日でしたが、何れの滝も家族連れの観光客で一杯でした。
気温は、ほゞ20℃前後で、猛暑日の関東から逃れて、楽しく撮影することが出来ました。

浅間大滝
↑↑ 浅間大滝 ↑↑


浅間大滝の滝壺
↑↑ 浅間大滝の滝壺 ↑↑


浅間大滝からの流れ
↑↑ 浅間大滝からの流れ ↑↑


浅間大滝の下流
↑↑ 浅間大滝の下流 ↑↑


魚止めの滝
↑↑ 魚止めの滝 ↑↑


白糸の滝
↑↑ 白糸の滝 ↑↑


白糸の滝
↑↑ 白糸の滝 ↑↑


ニコンカレッジ2月の浅間山麓・滝巡りへ

Nikon D4
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(7)  コメント(0) 

08-11 尾瀬ヶ原(2) [尾瀬]

8月11日、朝4時の目覚ましで起きて外を見ると、一面のガスで周りの山は見えません。
支度を済ませ小屋を出て、十字路で日の出、朝焼けを待ちます。
日の出時刻過ぎまで粘りましたが、収穫はありませんでした。

帰りはヨッピ橋経由でのんびりと山の鼻へ向かいました。
今日も至仏山、燧ケ岳とも、頂上に雲が掛かっています。
池塘にはヒツジグサが見えますが、時間が早いので花は開いていません。

9時半に山の鼻に到着しました。
時間の余裕はあるので、見本園を大回りすることにしました。
ソバナ、コバギボウシ、マルバダケブキ、イブキトラノオ、クロバナヒキオコシ、オトギリソウ、タカネアオヤギソウ、
ミズチドリ、ミゾソバ、トモエソウ、イワショウブ、クガイソウ、オゼアザミ等を見ました。

昼食には、山の鼻小屋で『麦豚丼』を食べて、11時半、鳩待峠へ向かいます。
陽射しの強いのが、堪えます。 喉が渇き給水するので、みるみるペットボトルが軽くなります。

12時40分、鳩待峠に到着です。ソフトクリームを食べほっと一息です。
戸倉で入浴し、14時40分発のバスに乗車しました。休日の高速道路は混んでいて、到着が1時間10分遅れました。

5:11 朝焼け
↑↑ 5:11 朝焼け ↑↑
朝焼けが一番濃かった時の一枚です。


7:16 至仏山
↑↑ 7:16 至仏山 ↑↑
龍宮小屋の前から。


7:26 白樺
↑↑ 7:26 白樺 ↑↑
竜宮十字路~ヨッピ橋。


8:38 牛首&至仏山
↑↑ 8:38 牛首&至仏山 ↑↑
三叉のベンチから。


8:58 逆さ燧の池
↑↑ 8:58 逆さ燧の池 ↑↑
燧ケ岳の姿は、すっきりとは見せてくれませんでした。


12:21 小至仏&至仏山
↑↑ 12:21 小至仏&至仏山 ↑↑
昨日はガスで見えませんでしたが、青空の白い雲をバックにクッキリと見えました。



この日見掛けて、綺麗に撮れた花達。


サワギキョウ
↑↑ サワギキョウ ↑↑
イモリ池のベンチ脇。


オゼコウホネ
↑↑ オゼコウホネ ↑↑
研究見本園の池塘。


産卵するトンボ
↑↑ 産卵するトンボ ↑↑
ヒツジグサの葉の裏へ、尻尾を差し込んでいました。


アキアカネ
↑↑ アキアカネ ↑↑
もっと赤くなって、間もなく平地に戻ります。


ドクゼリ
↑↑ ドクゼリ ↑↑
花火のスターマインが、夜空に開いたように見えます。


Nikon D4
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
Nikon 1 V2
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

nice!(11)  コメント(2) 

08-10 尾瀬ヶ原(1) [尾瀬]

都会の暑さを逃れて、尾瀬へ行って来ました。

8月10日、朝5時過ぎ、鳩待峠でバスを降りると、空気がヒンヤリとしています。
肌寒い位で、慌てて捲くっていたシャツの袖を降ろします。
身支度を整え、カメラの準備をして、山の鼻への山道を下ります。
お花を見付けては立ち止まって撮影するので、道が捗りません。

山の鼻に到着し、shinさんお勧めの「至仏山荘のオニギリ弁当」を買い、見本園のベンチで朝食にします。
至仏山、燧ケ岳とも雲が掛かり、頂上は見えません。
小回りで見本園を撮影後、今夜の宿「龍宮小屋」へ向かいます。
上空は曇で覆われ、靄が掛かり見通しが良くありません。

10時半過ぎ、龍宮小屋のチェックインを済ませ、赤田代まで散歩です。
見晴で昼食を食べていると、hidamariさんが現れて、お土産コーナーを覗き始めました。
お仕事で前夜は見晴に泊り、これから御池へ戻るとのことでした。
赤田代の休憩所まで御一緒し、色々お話が出来ました。

hidamariさんとお別れした後、東電小屋分岐まで戻ると、漸く、燧ケ岳の頂上が見えましたが、至仏山の頂上は、まだ見えませんでした。

夕食の案内で食堂へ行くと、食事の用意は9人分だけ。もっと混んでいると思っていたので拍子抜けでした。
夕食後、夕焼けを期待しましたが、微かにピンク色になっただけでした。
夜になって雲が広がり、星の撮影も出来ずとなってしまいました。

8:12 雲の切れ目
↑↑ 8:12 雲の切れ目 ↑↑
時々は雲が切れて陽が射すのですが、13時頃まで青空は出て来ませんでした。


8:54 燧ケ岳
↑↑ 8:54 燧ケ岳 ↑↑

8:55 至仏山
↑↑ 8:55 至仏山 ↑↑
中腹までは見えていますが、頂上は雲の中です。


龍宮小屋
↑↑ 龍宮小屋 ↑↑
今夜の宿です。手前に見えるヤマドリゼンマイの黄葉が楽しみです。



この日見掛けて、綺麗に撮れた花達。


コオニユリ
↑↑ コオニユリ ↑↑
この時期、オレンジ色のこの花が一番目立ちます。


ツルニンジン
↑↑ ツルニンジン ↑↑
特異な形の花ですが、帰り道では見過ごしてしまいました。


キンコウカ
↑↑ キンコウカ ↑↑
この写真では実ですが、黄色の絨毯のお花も綺麗です。


ワレモコウ
↑↑ ワレモコウ ↑↑
この花が咲くともう秋ですね。


ヨツバヒヨドリ
↑↑ ヨツバヒヨドリ ↑↑
この花に集まるアサギマダラをまだ見ていません。


カラコギカエデ
↑↑ カラコギカエデ ↑↑
緑の中の赤い実が目立ちますが、間もなく、葉の紅葉が始まります。


ノリウツギ
↑↑ ノリウツギ ↑↑
今の時期、林間、尾瀬ヶ原で白いこの花が目立ちました。


ネジバナ
↑↑ ネジバナ ↑↑
この様な形で花が咲くのは、何か意味があるのでしょうか、不思議です。


ヤチラン
↑↑ ヤチラン ↑↑
10cm位の茎に、1mmの花なので、探すのにも、写真に撮るのも苦労します。


Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
Nikon 1 V2
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

nice!(10)  コメント(4) 

08-12 朝散歩 [彩湖]

目覚ましが鳴り、起き上がると、体中が汗びっしょりでした。
涼しい尾瀬から帰っての熱帯夜は、体に堪えます。
日課の散歩に外へ出ると、風が吹いて少しは涼しい。

カラスウリの花
↑↑ カラスウリの花 ↑↑
カラスウリの花は、夕方に咲いて、朝方には萎むのですが、綺麗な花が残っていました。


Nikon 1 V2
1 NIKKOR 30-110mm f/3.8-5.6
nice!(11)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。