So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年・ラスト尾瀬 [尾瀬]

11月2日(火)~3日(水)、今年最後の尾瀬沼、尾瀬ヶ原へ行って来ました。

11月2日、電車の中からは、雪を被った富士山も見え、雲も無く青空が広がる良い天気です。
沼田からはバスの沿線の鎌田、戸倉、大清水と紅葉の変化を楽しめました。

今夜の宿・長蔵小屋を目指し、11時30分、大清水を出発です。
周りの山の木々は葉を落とし白い木肌が目立ちますが、陽が射すと綺麗な紅葉も見られました。
一ノ瀬に到着する頃には、雲行きが怪しくなり、寒くなってきました。
三平見晴に近づくと、朝方の雪が残っていて、新雪の雪景色を見ながらの下りです。
三平下では、曇り空をバックにした燧ケ岳の全容を、何とか見る事が出来ました。
元長蔵小屋付近では、黄葉したカラマツが、白黒の風景の中でアクセントになっていました。

大清水駐車場
大清水駐車場

大清水登山口脇
大清水登山口脇

一ノ瀬への林道
一ノ瀬への林道

一ノ瀬への林道
一ノ瀬への林道

三平見晴から燧ケ岳
三平見晴から燧ケ岳

三平峠
三平峠

大江湿原を望む
大江湿原を望む

早稲沢からの燧ケ岳
早稲沢からの燧ケ岳

元長蔵小屋のカラマツ
元長蔵小屋のカラマツ

長蔵小屋前のカラマツ
長蔵小屋前のカラマツ


11月3日、目を覚まし窓の外を見ると雪が降っています。
日の出時刻頃、元長蔵裏へ行きましたが、降雪で燧ケ岳は全く見えません。
早々に小屋に戻り、炬燵に潜り込みました。

7時20分、鳩待峠を目指し長蔵小屋を出発しました。
雪が降りしきる中、薄暗い曇り空で、水墨画の様な景色が続きます。

元長蔵小屋裏ビューポイント
元長蔵小屋裏ビューポイント

長蔵小屋脇より売店を望む
長蔵小屋脇より売店を望む

浅湖湿原より三平下
浅湖湿原より三平下

沼尻より尾瀬沼東岸
沼尻より尾瀬沼東岸

白砂湿原
白砂湿原


この後、イヨドマリ沢付近の木道でスリップし、右脛骨を折ってしまいました。
龍宮小屋の小屋主さん始め多くの方々に、大変なご迷惑を掛けてしまいました。
尾瀬で活動されている皆さんの心暖かな救護に感謝しています。

『私の好きな尾瀬』、来年も訪れたいです。


11月4日、朝の雪景色 ==≫ NIS.png

nice!(8)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。