So-net無料ブログ作成
検索選択

尾瀬・秋本番間近 [尾瀬]

9月25~26日、大清水から入山し、尾瀬沼、尾瀬ヶ原へ行って来ました。

9月26日へ



9月25日(土)、ヘッドランプを点けて出発の準備をしていると、『キラリ』と目の前が光りました。
良く見ると『霙』のようです。温度計は5℃を下回っていました。

三平下に着きましたが、濃い霧で尾瀬沼、燧ケ岳は見えません。
元長蔵脇のビューポイントからも、燧ケ岳、三本カラマツは見えません。
無料休憩所ではストーブが焚かれていて、近くのベンチで朝食にします。

新しくなった三本カラマツ脇の木道を通り、尾瀬ヶ原に向かいます。
尾瀬沼、尾瀬ヶ原の至る所で、木道の更新が行われていました。
イオドマリ沢を過ぎると、木道に陽が差し、上を見ると青空が覗いていました。
見晴に着くと、頂上に雲が掛かる至仏山が見えていました。

3週間前と比べて、ヤマドリゼンマイ、ヤマウルシ、ヒツジグサは着実に紅葉が進んでいました。


沼からの霧で燧ケ岳が見えません
沼からの霧で燧ケ岳が見えません

沼尻の草黄葉
沼尻の草黄葉

西日に映えるヤマドリゼンマイ
西日に映えるヤマドリゼンマイ



9月26日(日)、朝焼けを狙って5時に起き、竜宮十字路で日の出を待ちました。
6時半まで粘りましたが、雲がほんのり色付く程度で、期待外れでした。
今回は、夕焼け、星空、白虹、朝焼けの収穫はありませんでした。

帰りのコースは、ヨッピ橋を回って、鳩待峠へ向かいます。
小屋を出る頃には、雲が減り青空が広がって来ました。天気予報通りの様です。

緑色の葉から茶色に変色した葉まで、様々な段階のヤマドリゼンマイ、ヤマウルシの紅葉、
ナナカマドの赤い実、澄んだ青空、白い雲と被写体には事欠きません。

昼食後、見本園で白いリンドウを探しましたが、見付かりませんでした。
ザックを置いてあった場所に戻ると、尾瀬仲間が追い付いていました。
前日に見たという場所へ案内して貰い、久し振りに見ることが出来ました。


尾瀬ケ原に陽が射しこんで来ました
尾瀬ケ原に陽が射しこんで来ました

終盤のヤマドリゼンマイ(奥に龍宮小屋)
終盤のヤマドリゼンマイ(奥に龍宮小屋)

至仏山と鰯雲
至仏山と鰯雲

燧ケ岳と鰯雲
燧ケ岳と鰯雲

白いリンドウ
白いリンドウ


nice!(14)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

附属自然教育園 [花]

9月20日(月)、お墓参りの帰りに、目黒の自然教育園を歩いてきました。

江戸時代、松平讃岐守(高松藩)の下屋敷で、平賀源内が薬草園を作った記録があります。
トラノオスズカケは、彼が故郷から種子を運んで栽培していたのが、野生化したと思われています。 一度、絶滅したといわれていましたが、59年ぶりに発芽しているのが見つかり、話題になりました。
昨年と比べると、花穂の先はまだ蕾で、遅れているようです。

去年は咲いていた、カリガネソウ、オトコエシ、イヌショウマ、シモバシラも、まだこれからのようです。


トラノオスズカケ《満開はこれから》
トラノオスズカケ《満開はこれから》

トラノオスズカケ《2009年9月23日》
トラノオスズカケ《2009年9月23日》

ヌスビトハギ
ヌスビトハギ(高尾山で見たのとはだいぶ違って見えました)

マンリョウの実 ?
マンリョウの実 ?

シロバナサクラタデ
シロバナサクラタデ

ウラギンヒョウモン
ウラギンヒョウモン

シラガシのドングリ
小さな男の子が拾ってきてくれた『シラガシのドングリ』


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高尾山・9月18日 [高尾山]

9月18日(土)、風が涼しくなり、秋の訪れが感じられます。
日影から入り、城山、高尾山、3号路と歩きました。
連休の初日、人気の高尾山は、大勢のハイカーが歩いていました。

1週間経つと、咲いている花の種類にも変化があり、
城山ではヒガンバナが咲き始めていました。
久し振りに、蝶と蜻蛉の写真を撮ることが出来ました。

帰りには、駅の本屋さんで『高尾山の花名さがし』を買ってしまいました。


ヌスビトハギの種
ヌスビトハギの種

ミズヒキ(白花)
ミズヒキ(白花)

ミゾソバ
アキノウナギツカミ
ミゾソバ(「高尾山の花名さがし」の著者の方に教えて頂きました)

ジャコウソウとミズヒキ(赤花)
ジャコウソウとミズヒキ(赤花)

アズマヤマアザミ
アズマヤマアザミ

トネアザミ
トネアザミ

ヒガンバナ
ヒガンバナ

キアゲハの♀
キアゲハの♀(産卵中、何度も同じ場所に戻って来ます)
マウスカーソルを合わせると2枚目が、クリックすると3、4枚目が見られます。

トンボ(ヤンマ類?)
トンボ(ヤンマ類?、体長8cm位)

ホトトギスに留まるトノサマバッタ
ホトトギスに留まるトノサマバッタ


nice!(5)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高尾山・9月 [高尾山]

9月12日(日)、シモバシラ、クサボタンを見ようと、奥高尾を歩いてきました。

9時50分、小仏バス停でカメラの準備をして歩き始めます。
日差しは強いですが、木陰に入ると涼しく、秋が近付いているのを感じます。
途中、農産物の販売スタンドがあったので、梅干と梅酢を購入。
昼食時に梅酢を味見しましたが、酸っぱい!!(薄めないと飲めない)

城山に着くまでに、ヤマゴボウ、クズ、ユウガギク、ボントクタデ、シュウカイドウ、ジャコウソウ、
ミズヒキ、ツリフネソウ、ツユクサ、アザミ等々、色々な山野草が咲いていました。
一丁平からは迂回路へ入り、クサボタン、シモバシラを探します。
シモバシラはありましたが、クサボタンには早かったようです。
その代わり、キバナアキギリ、ノササゲ、ツルニンジン、ホトトギスがありました。

紅葉台の巻道では、沢山のホトトギス(当り年?)を見ました。
蕾も多かったので、来週でも十分見られると思います。

6号路を下って清滝駅に着くと、沢山の人達で賑っていました。

ヨウシュヤマゴボウ 金色に光る蜘蛛の巣
ヨウシュヤマゴボウ 金色に光る蜘蛛の巣
.
ユウガギク ボントクタデ
ユウガギク ボントクタデ
.
シュウカイドウ シュウカイドウ
シュウカイドウ
.
ジャコウソウ ジャコウソウ
ジャコウソウ
.
ハダカホオズキ ミズヒキ
ハダカホオズキ
(Tさんに教えて頂きました)
ミズヒキ
.
ツリフネソウ ツリフネソウ
ツリフネソウ
.
カキ氷で一息(城山にて)
カキ氷で一息(城山にて)
.
キバナアキギリ シモバシラ
キバナアキギリ シモバシラ
.
ノササゲ タイアザミの蕾
ノササゲ タイアザミの蕾
.
ツルニンジン ヤマジノホトギス
ツルニンジン ヤマジノホトギス

nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2010年・オフ会(2) [尾瀬]

9月5日(日)、星空の撮影に1時30分に起床しました。
満天の星空とは言えませんでしたが、沢山の星が見えます。
星に詳しい二人の解説を聞きながら、撮影会の始まりです。
早速、最初に目に付いた木星を初め、様々な方向にカメラを向けてシャッターを切りました。
オリオン座を撮っている時、燧ケ岳の右肩から月が昇ってきました。
1時間程の撮影後、小屋へ戻りました。

朝焼けの撮影に4時30分に起きました。周囲の山々は、一面の霧に覆われています。
朝焼けが無くても白虹の可能性があるので、竜宮の出口まで行き待機します。
霧の尾瀬ヶ原、燧ケ岳を撮っていると、太陽が昇って来ました。
太陽の反対方向を見ると、大きな白虹が現れ始めています。28mmより広角が必要でした。
迫力のある白虹を見られて、早起きをした甲斐がありました。

出発前の記念撮影では、
お手製(Tさん作成)の 『オコジョ』 のかぶりものを全員が着けて、大いに盛り上がりました。

世話役さんはじめ、参加された皆さん、色々とお世話になりました。楽しい二日間でした。


昇るオリオン座
昇るオリオン座 《撮影:2時10分》

地球照
地球照 《撮影:2時12分》
地球照 ・・・ 地球で反射した太陽光で、欠けて暗くなっている部分が見える現象

景鶴山と夏の星座
景鶴山と夏の星座 《撮影:2時30分》

朝靄に浮ぶ燧ケ岳
朝靄に浮ぶ燧ケ岳 《撮影:5時05分》

大き過ぎた白虹【2枚の合成】
大き過ぎた白虹【2枚の合成】 《撮影:6時03分》

差し込む朝日
差し込む朝日 《撮影:6時40分》

ヤマドリゼンマイと白樺
ヤマドリゼンマイと白樺

ホオアカ(?)
ホオアカ(?)

草黄葉が始まった尾瀬ヶ原
草黄葉が始まった尾瀬ヶ原

エゾリンドウ
エゾリンドウ


nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2010年・オフ会(1) [尾瀬]

9月4日(土)、御池から尾瀬に入り、恒例のオフ会に参加してきました。

御池に着くと風が冷たく、慌てて長袖のシャツと雨合羽を着込みます。
上田代のキンコウカは、葉の先をオレンジ色に変え始めています。
低気圧の影響か、平ケ岳をはじめ越後の山々は、雲に隠れて見えません。
燧裏林道沿いの樹木の葉はまだ青々として、オオカメノキの赤い実が印象的でした。

赤田代から東電橋分岐までには、アカバナ、ウメバチソウ、アキノキリンソウ、アケボノソウ、
トモエシオガマ、ママコノシルヌグイ、チョウジギク、エゾリンドウ等、沢山の晩夏から秋の花が咲いていました。
東電橋分岐から見る尾瀬ヶ原は、29日に比べても草黄葉が進んでいます。
炎天下の木道を歩いて見晴に着き、山小屋が作る日陰に入ると、涼しい風でほっとします。

尾瀬ヶ原では漸く、開いているヒツジグサの花を見ることが出来ました。

燧裏林道・上田代 色付き始めたキンコウカ
燧裏林道・上田代 色付き始めたキンコウカ
.
ゴゼンタチバナ サルノコシカケと色付き始めたツタウルシ
ゴゼンタチバナ サルノコシカケと色付き始めたツタウルシ

アケボノソウ
アケボノソウ

東電小屋上空を飛ぶ鳶 羽を広げて旋回する鳶
東電小屋上空を飛ぶ鷹(?) 羽を広げて旋回する鳶
.
オオマルバノホロシ オオマルバノホロシ(8月30日撮影)
オオマルバノホロシ オオマルバノホロシ(8月30日撮影)
.
オオニガナ ヒツジグサ
オオニガナ ヒツジグサ

色付き始めたナナカマド
色付き始めたナナカマド

ホオアカ(左:♀、右:♂) ホオアカ(♂)
ホオアカ(?)とホオジロ(?)
ホオアカ(左:♀、右:♂)
ホオジロ(?)
ホオアカ(♂)

少しだけ焼けました
少しだけ焼けました

2010年・オフ会(2)へ続きます。


nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2010年8月・尾瀬ヶ原(2) [尾瀬]

8月30日(月)、のんびりと尾瀬ヶ原を半周(龍宮小屋→ヨッピ橋→山の鼻)して帰ります。

目覚しで4時に起きて窓の外を見ると、一面の霧で、至仏山も景鶴山も見えません。
日の出時刻近くになったので外へ出ましたが、霧の状態には変化はありませんでした。
6時半まで粘りましたが、朝焼けは起きず、諦めて食事に戻りました。
小屋前で霧が上がるのを待っていると、はっきりとはしませんでしたが『白虹』が現れました。

8時に小屋を出発。 景色、花、蝶の写真を撮りながら山の鼻へ向かいました。
見本園でお目当ての花が見付けられず、一周して戻って来ると、小学生の団体で賑っていました。

白虹かな?
白虹かな?

霧に浮かぶ蜘蛛の巣 オオマルバノホロシ
霧に浮かぶ蜘蛛の巣 オオマルバノホロシ
.
オオニガナ オゼリンドウ
オオニガナ オゼリンドウ
.
イモリ池からの燧ケ岳 秋を思わせる筋雲
イモリ池からの燧ケ岳 秋を思わせる筋雲
.
キツリフネ イワショウブ
キツリフネ イワショウブ

キベリタテハ
キベリタテハ


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2010年8月・尾瀬ヶ原(1) [尾瀬]

8月29日(日)、一ヶ月振りに尾瀬ヶ原に入りました。
鳩待峠へのバスからは、朝焼けも見えましたが、鳩待峠に着くと霧が立ち込めていました。
8月最後の日曜日のせいか、後続の車は上がってきません。静かな鳩待峠でした。
前日の雷雨で道が濡れているので、慎重に山の鼻へ下りました。
今日は、山の鼻→竜宮十字路→ヨッピ橋→赤田代→見晴→龍宮小屋と、回ります。
上~下田代ともに、徐々に、草黄葉に変わり始めていました。
晩夏から秋への花が咲き、尾瀬の花の最後を飾るリンドウも咲き始めていました。

龍宮小屋に着いてチェックインすると、“今晩は貸切”とのこと。

龍宮小屋に着いて一服していると、登山客が小屋に駆け込んで来ました。
長沢橋(竜宮十字路より1㎞)の近くで蜂に刺されたとのことでした。10人程いたと思います。
『暑い夏で、蜂が活動的で、巣が多いので気を付けた方が良い』と、小屋主さん。

夕焼けは、期待はずれ。日が落ちてからは雲が出て、星空の撮影は出来ませんでした。

オゼトリカブト オオカメノキの冬芽
オゼトリカブト オオカメノキの冬芽
.
ウメバチソウ ヤマドリゼンマイ
ウメバチソウ ヤマドリゼンマイ
.
エゾリンドウ ミゾソバ
エゾリンドウ ミゾソバ
.
オゼヌマアザミ アケボノソウ
オゼヌマアザミ アケボノソウ
.
ゲンノショウコ アカバナ
ゲンノショウコ アカバナ
.
ミズギク チョウジギク
ミズギク チョウジギク
.
サラシナショウマ 少しだけ焼けました
サラシナショウマ 少しだけ焼けました

2010年8月・尾瀬ヶ原(2)へ続きます。


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。